top of page
  • ホロウェイ朋子

【イギリスNHSでの産む場所選び①】 選ぶ時に覚えておいてほしいこと

更新日:1月20日



イギリスでの産む場所の選択肢



イギリスでの産む場所はNHS(National Health Service)では、  

①自宅出産  

➁助産師主導のミッドワイフユニット/バースセンター  

➂病院 

という選択肢があります。      

このどれを選ぶかは、自分にとって何が必要か、何かリスクがあるのか、によります。  

住んでいるエリアによっても 多少異なってきます。  

ローリスクつまり健康で何も疾患がない場合、上記3つのどれからでも産む場所を決められます。  

   

何か医療的な理由がある場合には、  

お産の時にも必要なケアが受けられるように専門医のいる➂病院での出産が最も安全と言われています。  

①自宅出産 もしくは ➁ミッドワイフユニット/バースセンター でのお産は  

instrumental deliveryと呼ばれている 鉗子分娩(forceps)や 吸引分娩(ventouse)となりにくいと言われています。      



大切なのはここ

大切なのは、どこを選ぶとしても

その場所が自分にとって正しい場所であると感じられること。

どこが「良い」場所なのかは その人によって異なります。      

そして!覚えておいていただきたいのは、  

一旦ここと決めても、妊娠中どの時点であってもその考えを変えられるということ。

自分の住んでいるエリアのお産の場所の選択肢は、

地域の助産師さんが教えてくれます。  

なのでぜひ些細なことでも地域の助産師さんに聞いて

コミュニケーションしていってくださいね!  

助産師さんだけでなく、GPやチルドレンセンター、地域の病院の産科でも 情報を得ることができるし、  

また友人や家族にも それぞれの意見を聞いてみてくださいね。  

そしてそういった意見はあくまでも

その人の主観であるということも忘れないでくださいね。  

自分にとってどこが「良い」のかは、

よく自分と対話し、パートナーと対話し、

自分たちだけの答えを見つけてくださいね!      


参照 https://www.nhs.uk/pregnancy/labour-and-birth/prep...  





毎週届くメールに心がホッと緩むと好評の『世界のどこにいても自信を持って妊娠~産後を歩むためのホリスティックな妊娠・出産・産後ガイド』登録はこちらから↓↓↓



bottom of page